ブラッシング

美髪を保つためのくしの使用

近年では特に、ファッションや化粧をはじめ、美容に対する意識が高いと思われます。
特に女性は美容に力を入れる中で、髪に対して気を遣う方も多いのではないでしょうか。
しかし髪の手入れに関心が高く方でも、シャンプー選びにも気を遣っていても、くしは簡単に選んでしまっている方もいると思われます。
しかし美髪のためには適切なくしを使った正しいブラッシングが不可欠なのです。
それは、くしは髪をとかすだけではなく、血行を良くする役割もあるのです。
使用方法によっては気づかないうちに髪を傷めてしまっている方もいます。
そのためにも、自分の髪質に合ったものを選び、美髪を保つように努める必要があると思われます。
また、種類も多く出ています。
摩擦が起きにくく、静電気もほとんど発生しないものや、長い髪にも絡まらずに使えるものもあります。
お風呂上りや朝起きたときなど、使用する髪の状態に合わせて使い分けるとより美髪を保つことが出来るでしょう。

美髪にするならくしでブラッシングしよう

美髪になるためにシャンプーにこだわったり、トリートメントをしたりしますが、もっと手軽にできる方法があります。
それがくしで髪をブラッシングすることです。
髪をブラッシングすることで、絡まった髪をほぐし、ヘアスタイルを整える他に髪や頭皮についた汚れを落とし清潔にすることができます。
さらに頭皮を刺激することによって、頭皮がマッサージされるので血行不良を改善する効果も期待できます。
また根元から毛先にかけてしっかりブラッシングすると皮脂が髪全体に行き渡るので、艶やかな髪にすることもできます。
最近では100円均一店などで手軽に購入できますが、美髪を求めるなら素材にもこだわりましょう。
豚毛、猪毛の天然毛を使ったくしは静電気が起きにくく、髪へのダメージを減らすことができます。
昔から愛用されているつげのくしも同様の効果があり、さらに椿油を染み込ませて使うことによって、ブラッシングする度に艶やかな髪にすることができます。
とても丈夫なので、何十年も使い続けることができるのも魅力的です。

おすすめWEBサイト 5選

ルフォー手術

2018/5/11 更新