ドライヤーのあて方

美髪を促してくれるドライヤーの使い方

美髪のためには、ドライヤーで髪を完全乾燥させるのは避けましょう。
大まかに乾燥させたら、あとはそのまま放置して自然乾燥させます。
パサつきを防止できますし、髪を傷めることもありません。
すべて自然乾燥させる方法は、雑菌の繁殖を促して頭皮トラブルを招くためおすすめできません。
髪が濡れたまま眠ると、摩擦抵抗が増すことで髪を傷つけます。
ドライヤーにはキューティクルを整える作用があります。
大まかに乾燥させるのにドライヤーを使用するのは、美髪のために非常に効果的です。
育毛剤や発毛剤を使用するときも、8割くらい乾燥させてから使用するのが好ましいです。
完全に乾燥させるには時間がかかり、それだけ髪に負担をかけてしまうのです。
髪は熱風に弱いので、水分が大まかに飛ばしたら使用するのをやめます。
キューティクルを整えるには、冷風を使用すると効果的です。
温風で8割くらい乾燥させて、あとは冷風で完全乾燥させる方法もありです。
温風だけで完全乾燥させるのは避けましょう。

ドライヤーのあてかたで美髪に

美容院でブローしてもらうと、髪がツヤツヤ、サラサラになり、まるで自分の髪ではないような美髪になる人も多いかと思います。
自分でドライヤーをあてても、なかなか綺麗にはならずに、諦めている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
実はドライヤーのあてかたの、ちょっとしたポイントを押さえることにより、美髪になれるのです。
まず髪を洗い終えたら、タオルドライで髪の水気を落とし、熱から守るトリートメントを付けます。
そして、できるだけ早く乾かしましょう。
自然乾燥は髪のパサつきや傷みを招きます。
ドライヤーと髪との距離は10cmから20cm程度話しましょう。
近づけすぎても早く乾きませんし、髪が傷む原因となるので注意しましょう。
乾かし方は根元から毛先に向かって乾かします。
一点に集中して風をあてずに、満遍なく乾かします。
毛先はダメージが蓄積しやすく乾燥しやすいので、最後に乾かします。
そして髪全体の8〜9割程度乾いたら、冷風にして全体的に髪を落ち着かせます。
冷風をあてることによりキューティクルが引き締まりツヤのある美髪になります。

Valuable information

トイレ つまり 東京

最終更新日:2018/12/14